フィリピン文化散策と英語研修




1)文化散策・他施設訪問等に関するPICOの考え方
 

フィリピン留学の意義は「マンツーマン教育」という他国では稀な教育方式が、しかも低価格でご提供できることだと思います。
これだけでも「フィリピン留学の目的」になり得ますが、加えて「他国(東南アジア)を体験する」ということも大きな意味がある(グローバルな経験)かと思います。


(1)フィリピンを知る「観光・散策企画」 (必要に応じてPICOスタッフ同伴)

  a) マニラ観光
     ①スペイン時代の遺構(イントラムロス、リサール公園、第二次世界大戦戦跡等
     ②政治・経済・文化の中心への観光(マカティ、BGC等の散策等)
     ③消費社会としてのフィリピン(マニラ湾)
        Mall of Asia(モール)、 City of Dreams Manila(カジノ)等
     ④一般庶民の生活観察(マニラ観光としては車上観察)


  b) フィリピン庶民生活を知る(必要に応じてPICO同伴)
     ① PICO周辺散策・ジプニー体験・トライシケル体験・国有鉄道風景 etc.
     ②   パブリックマーケット等視察 ...(モンテンルパ市、PICO同伴)
  c)   PICO設定の「自由行動圏」散策
     ①ズンバ等文化活動への参加など
     ②PICO企画バレーボール大会参加
     ③その他、PICO近隣の食事散策・GYM 等

(2)フィリピン人と交流する  ただ今、拡大企画中(PICOスタッフ同伴)

  a)フィリピン企業・産業視察企画
     (既知の企業への訪問の可能性があ瑠場合、お知らせください)
  b)   
政府筋を通した近隣地方産業観察・実習
  c)   ボランティア活動等への参加
  d)フィリピン人家庭への訪問



2)散策・具体例のご紹介(一週間企画)とその応用

 実際に「フィリピンを知る」ことを主題とした一企業様の例がございます。
 この企画・行動内容について御紹介します。(あくまでも一例です)




英会話レベル: 初級

研修目的: 英語研修に触れつつも、フィリピンを理解し文化を体験する。

期   間: 一週間(日曜日入国~土曜日帰国)

グループ: 8名~15名程度まで(毎年2回各12名程度・HR一名付添)

宿   泊: PICO徒歩1分 B HOTEL(Madrigal Business Park内ツィンルーム

食   事: 朝食=ホテル  昼食=PICO提供
       夕食=モールATC等のレストラン等(数名グループ)その後、自由行動

英語研修: プレゼンテーション
                     「自己紹介・会社紹介・フィリピン文化と日本文化について」

以下は、実際のプログラム実行例です(写真は実際の写真です)。

 

フィリピンの生活環境を知る/外出授業(半日)

・フィリピン人教師同伴(授業時間に連れだって外出します)
・ジプニー・トライシクル等(庶民の乗り物)を体験して移動
・パッブリックマーケット(庶民の台所)、鉄道駅等、周辺散策
・ジョルビー(ハンバーグショップ)体験
・フィリピン特有の「サリサリストア」観察
・庶民生活観察
・キリスト教会訪問・上流階級の住宅街観察
(当企画の中には「危険」と思われる地区や設備は一切含まれておりません)

image2
 

フィリピン料理のお食事体験(当初付き添い)そして課外自由行動へ

・訪比当日には、日本人スタッフの付添いで周辺御案内
・アラバンタウンセンター/ATCにてお食事会を体験
・レストラン等での注文方法などの初体験となります。
・外貨両替所にて両替体験
・モールにて買物、散策してフィリピン事情を学びます。
・その後は、グループ行動で色々な体験をすることになります。
 ヘァサロン体験者もおりました。

image2
 

英語研修 3.5日間(基本8時間/日)

人前で英語を喋る(プレゼンテーション)という英会話の基本中の基本を会得し、自信をつけて今後の英語学習意欲につなげます。これはフィリピン人によるマンツーマン教育の力です。
 フィリピン教師は、まったく「初心者」のつたない単語とアクションからその心を読み取り、コミュニケーションを作り出します。
 教師は、研修生の力量を図りつつ、プレゼンの内容を文章化して行き、かつ、研修生が理解し、発表できるよう訓練します。
 毎日の最後(4日間)には、その研修成果をグループ・先生たちの前で発表練習します。これで度胸もつきます。
 そして最後のプレゼンの日、皆さんは立派に心のこもったプレゼンを発表します。
 皆さんは、
★スピーチ前にきちんとご挨拶するマナーを会得しました。
★自分自身の仕事や会社又は家族について紹介しています。
★カルチャーの違い、文化論など今回の体験に基づいた考えを発表しています。

image1
image2

マニラツアー (1日)

マニラ首都圏を「歴史→庶民生活→経済の核→未来の核」の手順で視察します。
  (当校作成のツアーパンフレットをお渡しいたします)
歴史
・フィリピン最大の英雄リサール(リサール公園、博物館など)
・歴史的建造物(スペイン植民地時代の遺構、教会等)
庶民生活
・庶民の生活を垣間見る:ポイント巡回(車上観察)キアポ教会、高山右近像など
経済の核
・フィリピン経済の核(中心地)/マカティ地区のビル群観察
未来の核
・フィリピン経済の将来の核(途上都市)BGCの新ビル群観察
・巨大モール・カジノ等消費国家の象徴を観察

 (以上の流れを理解いただけた旅行会社提携企画です)

image1

pencil研修費用等:
・上記プラン、日程はあくまでも一つの事例で手直しは可能です。
・従って研修費用等のお見積もりは、ご希望等を確認後、個別に提出いたします。

pencilアプリケーション企画
・通常の企業研修生派遣と合体させること、例えば上記プランのエッセンスを1ヶ月留学等に組み込むことは可能です。
・日本企業/現地工場等の見学/視察の組み込みを検討しています。






大きな地図で見る

〒180-0012 東京都武蔵野市緑町1-5-1
東海グリーンパークビル2階

ホームページを見たとお伝えください 0422-21-3000

受付時間 10:00~17:00
(土日祝日休み)

お問い合わせ 詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら