トップページ > 研修カリキュラム > アフターフォロー
Master 完全習得のための継続的なフォロー

アフターフォローについて

アフターフォローについてのイメージ

短期間の集中研修の場合、それだけで実力向上と言えますか?
帰国後、短期集中で詰め込んだ「知識」「訓練」「会話トレーニング」を「空中分解させない」で、きちんと自分のスキルとして消化し、日常的に使える会話力アップとして結実しなければなりません。
だから、帰国後ほど重要なスキルアップの「時」なのです。
① 自習/モチベーションの維持・学習
② PICO教師との継続学習(有料Skype レッスン)
  PICO教師とのレッスン継続ですから「一般オンラインレッスン」よりお高いです。
  自習を基本として、Skypeレッスンはその確認程度にしましょう。
  例えば、以下のようなサイクルがお薦めです。
   ・「宿題をもらう」=自宅学習
   ・「宿題を確認しレッスンを受ける」=Skypeレッスン
③ 一般のオンラインレッスンの利用
  以下の事を留意して、その上で「日常会話」としてご利用ください
   ・講師のレベルの問題、きちんとした英語教育を受けていない講師であること
  以上の事を避ける為には、PICO日本事務所にご相談ください(PICO卒業生限定)。
  推薦できそうなしかるべき有料オンラインレッスンを御紹介します。
④PICOには「リピーター」留学される方が多いです。
  ・大学生で、一ヶ月留学4回された方は、今は海外の大学で活躍しております。
  ・一週間留学をくり返してる方(日本の連休利用)もおります(ビジネスマン)
  ・短期にいらっしゃるシニアの方もおります(夢は日本で英会話サロン開設)etc.


研修が終了しても、再度リトライする事でさらなる英語力アップが望めます。





Step1.Desigen PICOの教育基本コースについて